ライティングツール

WebライターのためのChromeショートカット&拡張機能まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webライターたるもの、可能な限りキーボードだけで執筆作業を進めなくてはなりません。マウスは可能な限り触らないのが鉄の掟です。そのためには、デフォルトブラウザのショートカットを暗記しておくのが不可欠。というわけで、記事作成代行をするWebライターが知るべきGoogle Chromeのショートカットについてまとめます。加えて、インストールすると便利な拡張機能もまとめました。

「Chromeのショートカットとか拡張機能とか調べてるんだけど、使わないのばっかで読んでられねー」

とか言ってるWebライターのあなたに捧げます。

情報収集中に使いたいChromeショートカット

新規タブのオープン【Ctrl + T】

新たに情報収集を行いたいのであれば、新規タブを開きましょう。【Ctrl + Tab】で、現在閲覧中のページを開いたまま、新規タブが開けます。でもタブを開きすぎるとPC重くなるからほどほどに。

新規タブでリンク先のページを開く【Ctrl + クリック】

Googleの検索結果を見ている時、複数のリンクをクリックして一気に開きたい時に便利。【Ctrl + クリック】で、現在閲覧中のページを保持したままリンク先のページを新規タブで開けるのでいちいち検索結果ページに戻る必要もありません。

タブを移動する方法|その1【Ctrl + Tab】【Ctrl + Shift + Tab】

複数のタブが開かれている際、左右への移動ができるショートカットです。【Ctrl + Tab】で右、【Ctrl + Shift + Tab】で左に移動します。慣れると、これまでマウスでポチポチしてた自分がアホの子に思えてきますぜ。

タブを移動する方法|その2【Ctrl + 数字】

目的のタブにダイレクトに移動するためのショートカットです。左から数えて1,2,3,4…となっている際、【Ctrl + 数字】で指定タブへ移動できます。ただし、タブ開きすぎてると便利さ半減。やっぱりタブは開きすぎないほうがいいですな。

タブを閉じる【Ctrl + W】

タブを閉じる際のショートカットです。ガンガン押すと開きすぎたタブを一気に閉じれますが、調子に乗ると閲覧しておきたいタブも閉じてしまうので注意。でもなんだか気持ち良くなって連打してしまう深夜0時の妙なテンションに幸あれ。

閉じたタブの復活【Ctrl + Shift + T】

「やっちまった……」。閲覧していたタブを誤って閉じてしまうこと、ありますよね? そんな時はあせらずに【Ctrl + Shift + T】を押しましょう。時間が戻ります。そう、Chromeならね。

選択部分の検索【右クリックメニュー>Google「○○○」を検索】

調べたい単語を範囲選択して右クリックし、出てきたメニュー内の【Google「○○○」を検索】をクリックすると、すぐに検索ができて便利。「いやいやマウス使うんかい!」ってツッコミが聞こえてきそうですけど、利便性こそ正義なので無視。

画面表示倍率の変更【Ctrl + 「+」 / Ctrl + 「-」】

「字ちっちぇー!」「横スクロールうぜー」みたいなときによく使います。【Ctrl + 「+」】で拡大。【Ctrl + 「-」】で縮小できます。ちなみに、Ctrl押しながらマウスのホイール回してもできます。「またマウス使うのかよ」とか文句言う人は嫌い。

現在のウィンドウを閉じる【Alt + F4】

閲覧中のウィンドウを閉じるショートカットです。ただ、ちょっと指がきついので、【Ctrl + W】連打のほうが早いことも多いです。つうかこれ、別にChromeのショートカットじゃねえよという。

Webライターが入れておきたいChrome拡張機能

Chromeには自由にインストールできる拡張機能というものがあります。以下で、Webライターに役立ちそうな拡張機能をまとめます。

文字関連

goodbye Zenkaku”  さよなら全角英数

サイトから数字や製品名などをコピペしたい時、それが全角での記述だと結局自分で直す手間が発生します。後でマクロなどを使いどーんと修正するのもいいですが、この拡張機能を使うと、原文にある全角英数を勝手に半角にしてくれます。ちょっとしたことですが、製品仕様の転載といった作業時には大きな作業効率化が見込めます。
ただし、デフォルトのままだと!や?、()といった記号も半角にされてしまうので、オプション設定が必要です。ご注意を!

かんたん文字数カウント

その名のとおり、文字数をカウントしてくれる機能。ざっくり、ページに記載されている情報がどれくらいの量なのか等を調べたい時に便利です。

メモ関連

Quick Notes

非常に簡易的なメモ。しかし、わざわざWindowsのメモを起動させるまでもない時や、執筆中の原稿に余計な文字を入れたくない時に重宝します。数字を書いておいたり、URLをメモしておいたりするのに使いましょう。

Note Anywhere

Webページに貼る付箋です。「ここにある情報、あとで使おう!」みたいなメモに便利ですね。

情報収集効率化

ato-ichinen

情報収集時に、同じような内容のものが見つかったのなら、新しい記事を参考にするのが鉄則です。しかし、どちらの記事が新着なのか確認するのはちょっとおっくう。そこでこの拡張機能を入れておけば、「更新日が1年以内の記事だけ検索結果に表示する」というようなフィルターが簡単にかけられるようになるので便利です。ちなみに、Googleにも同様の機能がありますが、手軽さという意味でこちらの拡張機能のほうがおすすめです。

Google Scholarボタン

Scholarとは、論文やら学術誌の検索サービスです。信頼性の高いデータを探す時に重宝します。これを一発で検索できるのがこの拡張機能。わりと固めの記事が多い人にはおすすめです。

AutoPagerize

通常、検索結果で次のページに行く場合に番号をクリックしなくてはなりません。しかし、この拡張機能があれば、スクロールするだけでどんどんページがめくれて便利です。

Copy All Urls ※2018/09/18追記

タブで開いているURLを一括でコピーする拡張機能。加えて、複数のURLを一気に開くこともできます。記事の参考URLを提出するレギュレーションが決まっているときなんかに便利!

その他

Session Buddy

タブを記録し、復帰してくれる拡張機能。標準の履歴を使って同じようなこともできるが、使い勝手を考えるとこれを使ってもいいかもね。

Chromeと仲良くなってWebライティング効率化!

記事作成代行をするWebライターにとってGoogle Chromeは辞書であり頼れる相棒。今回ご紹介したショートカットと拡張機能を駆使し、今よりももっと仲を深めましょう。そして、短縮できた時間はできる限り記事執筆へと充てれば、クオリティアップにもつながります。ぜひ参考にしてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加