記事作成代行のご案内

記事作成代行サービスとは?コンテンツ制作を外注するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイトに読みやすい文章を掲載すると、ユーザーからの信頼性が高まり、SEOでの評価アップが期待できます。サイト訪問者に有益な情報を提供できる良質なコンテンツを作成するなら、プロのライターにライティングを依頼しましょう

Webサイトに掲載するコラム・ブログ記事・商品紹介記事などのコンテンツ制作は、「記事作成代行サービス」に発注できます。ここでは、記事作成代行サービスの特徴やメリットをご紹介します。クオリティ向上や社内コスト削減のために、ぜひアウトソーシングをご検討ください。

記事作成代行サービスの基礎知識

記事作成代行サービスの特徴、発注できる記事の種類、クラウドソーシングとの違いなど、基礎知識を解説します。

記事作成代行サービスとは

記事作成代行サービスとは、主にWebサイトやメディアに掲載する記事を作成し、納品までの流れを一括して担うサービスを指します。ライティングのプロが文章を代筆することで、品質の高いコンテンツを作成できるのが特徴です。Webサイトに読みやすい文章を掲載すると、ユーザーからの信頼性が高まり、評価アップが期待できます。記事作成代行サービスは、訪問者に有益な情報を提供し、SEOで高く評価されやすいコンテンツを作るために役立ちます。

【POINT】株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービス

自社専属のライターによる品質重視のライティングなら、記事作成代行サービスの株式会社ケーズオフィスへおまかせください。サービス内容やお問い合わせについては、こちらの記事でさらに詳しく解説いたします。

記事作成代行サービスに発注できる記事の種類

記事作成代行サービスに発注できるのは、主に以下の種類の記事です。このほかにも幅広い業務に対応できます。

企画制作

記事のタイトル・見出し・概要などを含めた、コンテンツの企画書を作成します。企画制作が不要な場合は、執筆のみの発注も可能です。

コラム・ブログ記事

ユーザーが読み物として楽しめるコラムやブログを執筆します。定期的な更新が必要な場合は、数カ月単位での継続発注もご検討ください。

商品・サービス紹介記事

商品やサービスの魅力をターゲットに向けて発信する記事を執筆します。特徴・メリット・具体的な利用シーンなどを訴求し、Webマーケティングを強化しましょう。

リライト記事

既存記事を読みやすさやSEOの観点から修正します。重要なキーワードや共起語を自然な印象になるように追加したり、ニーズのある内容を追記したりできます。

インタビュー記事

取材を通して、専門的な情報やリアルな意見を取り入れた記事を作成します。自社サイトや採用情報サイトに掲載すれば、PRやブランド育成につながります。

クラウドソーシングとの違い

記事作成代行サービスとよく比較される外注先として、クラウドソーシングが挙げられます。クラウドソーシングとは、不特定多数に業務委託を行う方法です。専用のプラットフォームでライターを募り、発注から納品までの進捗管理を自社で行います。一般的に、記事作成代行サービスよりもクラウドソーシングのほうが低価格な傾向にありますが、その一方で業務負担が大きい点に留意しましょう。

記事作成代行サービスに依頼するメリット

記事作成代行サービスに依頼すると、自社でコンテンツ制作を行う場合や、クラウドソーシングを利用する場合と比べて、以下のメリットが期待できます。

ライターの管理コストが不要

記事作成代行サービスの企業には、多数のライターが在籍しています。複数人のライターの連携が必要な大型案件でも、進捗管理を含めたすべての業務を委託可能です。企業間の取引となるため、一人ひとりのライターを管理するコストは発生しません。また、契約や請求といった事務作業や支払い業務も、一括で済ませられます。

記事の品質を均一に保ちやすい

記事作成代行サービスは、社内で複数人のライターが連携して執筆を担当しており、品質を均一に保ちやすいのがメリットです。在籍するライターがレギュレーションや表記統一のルールを共有し、安定したクオリティで記事が納品されます。もちろん、納品物に対するフィードバックや改善点も、よりスムーズに共有できます。

セキュリティに配慮して取り引きできる

記事作成代行サービスを利用すると、企業間で秘密保持契約を締結できます。重要な情報を取り扱う業務でも、セキュリティに配慮した取引が可能です。たとえば、発売前の商品の資料といった情報は、流出を避けなければなりません。コンテンツ制作は、セキュリティに対するリテラシーの高い企業に依頼したほうが安心できます。

コンテンツ制作を外注する場合のポイント

コンテンツ制作の外注先として、記事作成代行サービスを利用する場合には、以下の観点でサービス提供会社を選びましょう。信頼できる記事作成代行サービスを選ぶうえでの、チェックポイントをお伝えします。

どんなライターが執筆するのか?

文章の読みやすさは、ライターの技量によって差が出やすい部分です。また、同一の案件は継続して同じライターに依頼すると信頼関係が生まれ、品質の面でも安心して発注しやすくなります。コンテンツのクオリティを重視するなら、自社専属ライターが在籍する記事作成代行サービスをお選びください。

発注前にテストライティングが可能か?

多くの記事作成代行サービスでは、記事の仕上がりを確認する目的で「テストライティング」を依頼できます。特に大量発注を予定しているケースでは、初めにコンテンツの方向性やトンマナなどの認識を共有しておくと安心です。必要に応じてテストライティングを検討し、イメージ通りの記事になるよう発注しましょう。

適正価格であるか?

記事作成代行サービスの料金は、基本的な文字単価に加えて、作業内容やテーマの難易度に応じて変わります。良質なコンテンツを作成するためには、一定の技術を持つライターに依頼するとともに、剽窃のリスクを避けなければなりません。相場と比べて高すぎず低すぎず、適正価格でサービスを提供している業者をお選びください。

株式会社ケーズオフィスへおまかせください

ここまで、記事作成代行サービスの基礎知識やメリットをご紹介しました。Webサイトの評価を高めるには、ユーザーに有益な情報を提供する品質の高い記事が必要です。クオリティとセキュリティを重視したライティングなら、自社専属ライターによる執筆が可能な株式会社ケーズオフィスへおまかせください。弊社には社員ライターが多数在籍し、社内で連携を取りながら記事制作を行ってまいります。コンテンツ制作のご相談は、どうぞお気軽に弊社までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成代行サービスについてのご案内

株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスについては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。 ライティングのお見積もりやご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスの詳細やお問い合わせはこちら