記事作成代行のご案内

オウンドメディアの記事作成|ライティングの手順とポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの企業がブランディングや販路拡大を目指して取り組むオウンドメディア運営。集客につなげるにはコンテンツの充実が何より重要です

コンテンツマーケティングでの記事作成にあたり、SEO読者目線の読みやすい文章など、重視すべきポイントはたくさんあります。難度が高いと感じたら、外注も視野に入れてみてください。

今回は、オウンドメディアにおける記事作成の重要性、ライティングの手順とポイント、外注するメリットについてお伝えします。

オウンドメディア運営で重要な「コンテンツ制作」

オウンドメディア運営で中心となる業務は「コンテンツ制作」、つまり記事の執筆です。どのような記事を書いて集客やブランディングにつなげるのか。中長期的な観点での戦略が、成功のカギを握っています。執筆にはコストがかかり、運営者は多くのリソースを投じることになります。

コンテンツ制作にはスキルが必要です。記事を執筆するうえで、文章の読みやすさ・分かりやすさはもちろん、引きのあるタイトル、読者に有益な情報提供、商品やサービスの訴求など、どの要素も欠かせません。また、文章力だけでなく、SEOの知識や分析力も求められます。

さらに、オウンドメディア運営の成果を確かなものにするには、長期間にわたり施策を続ける必要があります。良質な記事を定期的に安定して投稿するために、ライティング体制の整備が不可欠です。体制をしっかりと固めてから運用を始めましょう。

記事作成の手順

オウンドメディアの記事作成の手順をご紹介します。企業が運営するオウンドメディアのコンテンツは、キーワード選定から始まり、企画や執筆などの工程を経て、作成に多くの時間を要します。ひとつの記事が完成するまでの流れは下記の通りです。

テーマやターゲットの確認

まずは、記事のテーマやターゲットを確認します。コンテンツを通して「誰に」「何を」伝えるのか。象徴的なユーザーモデルとしてペルソナを設定し、商品やサービスの魅力を伝える読者像を明確にイメージします。そして、課題の解決へ向けてコンテンツの方向性を見極めましょう。

SEOキーワードの選定

テーマやターゲットに合わせて、SEOキーワードを選定します。オウンドメディアへの流入経路となるのは、「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンです。最適なSEOキーワードを選ぶと、検索結果で上位表示を狙えます。その際は、検索ボリュームの特に多い「ビッグワード」で上位を獲れると理想的ですが、競合が多いほど難度が高くなります。一方で、複数のキーワードを組み合わせた「ロングテールキーワード」を選んで、細分化されたニーズに対応し、着実に上位を狙うのもひとつの手です。

タイトルと企画の作成

コンテンツのタイトルと、内容や構成を含めた企画を作成します。タイトルや見出しには必ずキーワードを盛り込みましょう。検索を意識した構成の組み方は、SEOライティングの基本です。ただし、キーワードを盛り込み過ぎると読者に不自然な印象を与えるおそれがあります。もちろんSEOも大切ですが、読みやすさが失われてしまえば本末転倒です。読みやすい文章の中に自然とキーワードを盛り込むよう、バランスを心がけてください。

記事のライティング

いよいよ本文の執筆です。読みやすさ・分かりやすさを意識しながら、読者を引きつける文章を目指しましょう。ライティングで重要なポイントについて解説します。

文章の基本的なルールを守る

文章を書くときの基本的なルールを守り、正確な表現を心がけましょう。「てにをは」の使い方や、主語・述語の一致など、細かい部分まで配慮します。たとえ些細なミスだとしても、読者の信頼を落とす結果につながりかねません。限られた時間で執筆する場合も、文章に乱れがないようご注意ください。

読みやすい文章に仕上げる

読みにくい文章は読者にストレスを与え、コンテンツを離脱させる要因となります。以下の例は、一般的に読みにくい文章に多く見られる特徴です。

  • 同じ文末表現を何度も繰り返している
  • 同じ用語を多用している
  • 一文が長い
  • 「これ」「それ」など指示語を多用している

読みやすい文章に仕上げるために、ルールを設けて執筆しましょう。

  • 文末表現の繰り返しは2回までにとどめる
  • 用語を使い分けてくどさをなくす
  • 一文は50~60文字を目安にする
  • 指示語はできるだけ具体的な言葉に置き換える

これらを意識するだけで、読みやすい文章に仕上がります。

画像・グラフ・図表などを活用する

文章だけで伝わりにくい場合は、画像・グラフ・図表を上手に活用しましょう。内容のイメージに近い画像や、数値やデータを分かりやすく示したグラフは、読者の理解を助けてくれます。難しい内容や、専門性の高いテーマを扱うメディアでは、特に配慮が求められます。工数はかかりますが、初心者に優しいコンテンツは読者にも良心的に映り、信頼度を高められるでしょう。

難解な用語や漢字に配慮する

オウンドメディアのターゲットにもよりますが、専門用語や難解な漢字は使用を控えるか、あるいは丁寧に解説をすると読者に親切な印象を与えます。基本的に、Webサイトでは漢字の多用が敬遠される傾向にあるので、ひらがなをやや多めにする程度がベターです。

校正・コピペチェックを行う

完成した記事は、校正担当者にチェックしてもらいます。誤字脱字の有無・文法のミス・語調や表記の統一など、チェック項目にしたがって校正しましょう。その際は、Wordの校正機能を使いながら執筆すると、作業の手間を省けます。

また、コピーコンテンツのチェックも非常に重要です。たとえ意図的でなかったとしても、類似する文章が多すぎたり、引用のルールが守られていなかったりする文章は、コピペや剽窃と見なされます。トラブルを避けるためにも、ツールを使って厳正にチェックを行いましょう。

SEOライティングで重要なポイント

SEOを意識しながらも、読みやすい文章が求められるオウンドメディアの記事作成。流入増加や集客につなげるには、次のような視点をもって取り組むことが重要です。

記事の質を維持しつつ量も確保する

検索結果で上位表示を狙うには、定期的にコンテンツを投稿してオウンドメディアを更新し続けることが重要です。コンテンツを充実させるとメディアは成長し、やがて上位表示を狙えるようになります。

オウンドメディアに掲載する記事数については、見解が分かれています。最低50本が必要といわれる一方で、100本が最低ラインとの意見もあります。いずれにせよ、一定量の記事を確保するのがアクセスアップの条件です。

ただし、検索エンジンの「Google」では、SEOにおいても量より質を重視する方針で、読者に有益な情報を提供するクオリティの高い記事を評価する傾向にあります。量を重視して質を軽視すれば、オウンドメディアの信頼を低下させるリスクがあるのです。質を維持しつつ、量も確保する体制の構築が求められます。

中長期的に戦略を立てる

オウンドメディアの施策では、中長期的な視点で効果を見極めるのがポイントです。コンテンツを更新して効果測定を行い、分析と改善を繰り返しながら、メディアを成長させていきましょう。1~2カ月程度の施策で十分な成果を出せるとは限らず、じっくり腰を据えた中長期的な戦略が欠かせません

オウンドメディアの運営には、編集・管理・集客チャネルの運用など、コンテンツ制作以外にも多くの業務があります。社内で記事作成を担当する場合は、ライター管理や育成といった業務も必須です。ライターはコンテンツ制作の戦力の中心となる重要な存在。オウンドメディアで質の高いコンテンツを配信し続けるために、ライティングの専門業者へアウトソーシングもご検討ください。

記事作成を外注するメリットと発注のポイント

オウンドメディアのコンテンツ制作は、アウトソーシングする選択肢があります。記事作成代行は、Webライティングを専門とするライターが在籍し、良質なコンテンツを継続的に作成できるサービスです。ここでは、記事作成を外注するメリットと、発注のポイントをご説明します。

記事作成を外注するメリット

記事作成代行サービスを利用すると、企画・執筆・校正・画像選定といったコンテンツ制作の業務を一括して専門業者へ任せられます。オウンドメディアを活性化させるには、定期的な更新が必須で、場合によっては「毎月30本」といった目標設定も珍しくありません。社内での運営が非現実的と思われても、チーム制により効率化が徹底された専門業者なら、問題なく対応可能です。社内の業務負担を大幅に軽減できるでしょう。

精度の高い文章を書く作業は、決して簡単ではありません。一定の習熟度に達するには訓練が必要です。その点、記事作成代行サービスには、ライティングのスキルを身に着けたプロのライターが在籍しています。読みやすく分かりやすい文章を執筆できるだけでなく、Webライティングの経験が豊富なライターは、SEOコンテンツの知見があります。ライターに依頼できる領域が大きいほど、社内での負担を軽減して、管理や編集の業務に注力しやすくなるのがメリットです。

アウトソーシングで発注するポイント

記事作成代行サービスは、自社のコンテンツをともに作っていくパートナーです。オウンドメディアのコンセプトや方向性、最終的なゴールなどの重要な情報は共有したほうが望ましいでしょう。また、ライターの理解を深めるために、商材の参考資料を提供すると、コンテンツのクオリティが高まります。専門性の高い分野の記事も、積極的な資料の提供により作業効率を高められれば、コストダウンにつながる可能性があります。

なお、アウトソーシングのコストは執筆にかかる工数により異なります。企画制作の段階から依頼するのか、記事本文の執筆のみ依頼するのか、併せて画像選定も依頼するのか。初めてのオウンドメディア運営なら、SEO対策まで含めて依頼する方法もあります。外注には少なからずコストがかかりますが、読者から評価されるオウンドメディアを作るために、ぜひプロへの依頼をご検討ください。

オウンドメディアの記事作成はケーズオフィスへ

記事作成代行サービスの株式会社ケーズオフィスでは、オウンドメディアのコンテンツ制作を承っています。集客につながる質の高い記事の大量発注は、ぜひ弊社にお任せください。

  • ライティングスキルを習得した自社専属ライターが担当
  • 複数ライターによるチーム体制で大量発注も可能
  • 得意分野の異なるライターが幅広いジャンルの執筆に対応
  • コンテンツによるSEO対策のご相談も可能

お見積もりやサンプル記事をご確認のうえで、正式にご注文いただくことも可能です。まずはお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成代行サービスについてのご案内

株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスについては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。 ライティングのお見積もりやご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスの詳細やお問い合わせはこちら