ライティングテクニック

【メディア担当者向け】フルリモートで社員インタビュー記事をつくる方法とメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の採用マーケティングにおける重要コンテンツ、「社員インタビュー記事」。採用サイトやオウンドメディアに社員インタビューを掲載し、社員一人ひとりの“リアルな声”を発信することで、競合他社との差別化や採用ブランディング効果向上に繋げる施策です。

インタビューコンテンツ自体は、人的リソースと多少の知見・ノウハウさえあればインソース可能です。ただし、2020年以降は新型コロナウイルス(COVID19)感染拡大にともない、さまざまな業種・職種がリモートワークに移行しました。2021年は感染症対策の観点から、対面取材によるインタビューコンテンツを作れない可能性が高まります。

そこで現在注目されているのが、「Zoom」などのビデオ会議ツールを活用した「オンラインインタビュー(オンライン取材)」。各ツール内蔵のビデオ通話機能を活用し、遠隔地同士で社員インタビューを実施します。後は通常通り、インタビュー内容をまとめてコンテンツ化します。

今回は、リモート環境における社員インタビュー記事の作り方と、記事の魅力を引き立てる写真(画像)を選ぶポイントをご紹介します。今一度、社員インタビュー記事をつくる目的や有効性についても解説しますので、関連部門のご担当者さまは、ぜひ参考にしてください。

社員インタビュー記事をつくるメリットとは?

社員インタビュー記事をつくるメリットとして、以下が挙げられます。

  • 企業理念への共感を得る
  • 組織風土への共感を得る
  • 働いている人材の人柄や魅力を伝える
  • プロジェクトや仕事内容を伝える
  • 社内制度の魅力を伝える
  • 入社前と入社後のイメージの乖離を防ぐ

端的にいうと、「企業ブランディング効果向上」および「採用ミスマッチの防止」といった、2つの効果が期待できます。

前者においては主に、採用マーケティングにおけるターゲット人材に対して効果的です。学生や転職活動中の高スキル人材に対し、企業理念や組織風土を浸透させたり、魅力・特長などをアプローチできたりします。また、自社の内側をみせることで、入社前と入社後のイメージの乖離を防ぐことが可能。いわゆる“採用ミスマッチ”の防止に繋がります。

さらに社員間の交流活性化など、副次的な効果も得られます。既存社員のインタビュー記事を通じて、一人ひとりの仕事に向き合う姿勢、考え方を共有。その記事がスムーズな人間関係の構築や、プロジェクト業務の潤滑油となることも少なくありません。 

オンラインならではのメリットは?

オンライン・社員インタビューは、対面取材によるインタビューとは勝手が異なります。以下、従来のインタビューとの相違点や、オンラインならではのメリットをまとめたのでご覧ください。

  • パソコンなどのデバイスと通信環境さえあれば場所を問わない
  • 電車や車移動などが発生せず、さまざまなコストを削減できる
  • 画面共有機能を活用し、パソコン画面や資料の共有がスムーズ
  • ビデオ会議ツールの録画機能により、インタビュー時に映像と音声を保存できる

オンライン・社員インタビューの進め方

オンライン・社員インタビューに使用するビデオ会議ツールとして、以下5種類が挙げられます。

  • Zoom
  • Microsoft Teams
  • Skype
  • Whereby
  • GoogleMeet

基本的には、普段テレワークで使用しているビデオ会議ツールで問題ありません。いずれも無料版・有料版があるほか、契約プランによって最大接続人数や接続時間制限が異なります。さらに画面共有や録画・録音機能の利用可否など、機能面の違いもあるため、事前に確認しておきましょう。

利用ツールなどに問題がなければ、いよいよ社員インタビューの準備を始めます。

STEP1.インタビュー対象の選定

社員インタビューと一口にいっても、「誰に話を聞くのか?」によってコンテンツの方向性が変わります。以下、3パターンが代表的です。

  • 企業経営者(代表取締役社長など)
  • 採用担当者
  • 新入社員・既存社員

採用サイトやオウンドメディアにおける社員インタビュー記事の役割は、読み手に「安心感」や「魅力」を伝えることにあります。そのため、目的に合わせてインタビュー対象を選定することが重要です。各パターンの特徴をみていきましょう。

経営者インタビュー

社長や代表取締役のインタビュー記事では、企業理念や企業トップである人物像の浸透、成長ビジョンをアピールできます。過度に理想を語るとマイナスイメージに繋がるため、ターゲット人材の視点となり、自社の特長や魅力を伝えるのがコツです。

採用担当者インタビュー

学生などの求職者にとって、もっとも「人柄を知りたい人物」が採用担当者です。試験や面接で直接応対するほか、最終的に採用可否を下すのも、採用担当者の仕事。そのため、採用担当者のインタビュー記事はニーズが高く、PVも高くなる傾向にあります。

採用担当者のインタビューでは、選考時に重視するポイントや競合他社との違い、自社の強み・魅力をアピールすることが大切です。さらに担当社の顔写真の掲載も必須。相手の顔がみえるだけで、エントリーに前向きになれる求職者は少なくありません。

新入社員・既存社員インタビュー

新入社員や既存社員のインタビューも、非常にニーズの高いコンテンツです。比較的カジュアルな雰囲気を打ち出すのがコツで、入社前と入社後のギャップの有無、仕事のやりがいなどを中心にまとめましょう。年齢や性別、役職など、さまざまな社員のインタビュー記事を用意し、自社の内側に触れてもらうのが狙いです。

STEP2.インタビュー日程の調整

インタビュー対象を選定した後、日程調整に移ります。ビデオ会議ツールを用いたオンライン取材なので、従来に比べて日程調整が容易になるでしょう。インタビュー対象者以外に同席者がいる場合は、同席者との情報共有も忘れずに行ってください。

取材当日までに、インタビュアーは質問内容やアクセス方法の共有を行います。質問内容はテキストにまとめ、それに加えて会議URLをメール・チャットで送信してください。

STEP3.インタビュー実施

インタビュー開始時刻になったら、指定URLにアクセスしてビデオ会議に参加しましょう。インタビュー対象者はもちろん、同席者のアクセス状況、映像・音声に支障がないか確認します。特段トラブルがなければ、ビデオ会議ツールの録画機能をオンにしてからインタビューをはじめましょう。

なお、通信環境や接続状況次第では、相手の音声を聞き取りづらいケースがあります。これが対面取材との違いであり、オンライン取材の弱点でもあります。インタビュー中に聞き取れない箇所があったら、「もう一度お願いします」と聞き返しましょう。

STEP4.記事の作成と公開

録画や音声データをもとにインタビュー記事を執筆します。作成した記事は公開前に、インタビュー対象者に内容確認を取ってください。特に固有名詞や数字などは間違いやすいため、細かくチェックしてもらいましょう。内容に問題がなければ、記事を公開します。

オンライン取材の課題……「写真」はどう用意するか?

対面取材での社員インタビューでは、その場で写真撮影を行うのが一般的です。しかし、オンライン取材になると話が変わります。担当者やカメラマンによる撮影ができないため、別の手段で写真・画像を用意しなければなりません。

インタビュー中の様子として、ビデオ映像のスクリーンショットを撮ったり、モニターを直接撮影したりするのも手です。ただ、見せ方を工夫しなければ、煩雑かつチープな印象を与えます。

基本的に写真は、インタビュー対象者自身に用意してもらうのがおすすめです。具体的な方法は、以下となります。

1.社員に「自撮り」してもらう

スマートフォンのインカメラを使い、社員に自撮りをしてもらいます。もっとも手軽な方法ですが、構図や画角に限界があるため、その場で「インタビューを受けている感」を演出するのが難しくなります。ただ、プロフィール写真などには十分使えるため、必要に応じて提供を依頼してください。

写真ではなく「イラスト」も可

社員インタビューにおいては、顔出しNGの社員も少なくありません。その場合、簡単なイラストを作成し、記事に使用する方法があります。

本人の顔写真に比べると、情報の信憑性や訴求力は低下しますが、読み手にカジュアルな印象を与えるのもまた事実。業界・業種やターゲット人材の傾向によっては、社員インタビューにあえてイラストを使うのも、1つの手といえます。

2.過去に撮影した写真を使う

もし本人が所有していれば、過去の撮影写真を提供してもらうのも手です。それをレタッチ(加工)して記事に使用します。たとえば上記写真なら、「実際に働いている様子」として紹介できるでしょう。なお、撮影から期間が空きすぎた写真の使用は、できるだけ避けましょう。

3.写真を「別撮り」する

▲レタッチ前

第三者の協力が必要ですが、もっとも「インタビューを受けている感」を演出できる方法です。この方法はインタビュー対象者1人と、家族などの身内1人の協力が必要となります。

手順はシンプルで、ジェスチャーを交えながら会話に応じている様子を撮影します。写真のように、陶芸の“ろくろ”を回しているようなポージングが定番です。色々な構図・アングルで撮影してもらえば、インタビューカットとして十分に使えます。

▲レタッチ後

「写真が暗い……」「発色が悪いかな?」と思ったら、写真加工アプリなどで露出や彩度を調整しましょう。最近のスマートフォンはカメラ性能が高く、ピントさえ合っていれば、一眼レフカメラに謙遜ない写真を撮影できます。上記のようにテキストを挿入すれば、サムネイル画像としても使用可能です。

まとめ

膨大な広告費をかけずに、競合物件との差別化や企業イメージ向上が期待できる社員インタビュー記事。コロナ禍においてもなお、「やり方」さえ工夫すれば、これまで以上のクオリティのコンテンツを制作可能です。

一方、フルリモートゆえに、慣れない内は時間がかかったり、リソース不足で手が回らなかったりする可能性があります。そうした場合はぜひ、弊社にご相談ください。ご担当者さまに代わりましてオンライン取材を行い、社員インタビュー記事の作成を代行いたします。詳しくは以下のページからお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成代行サービスについてのご案内

株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスについては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。 ライティングのお見積もりやご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスの詳細やお問い合わせはこちら