Face to Faceによる対応

株式会社ケーズオフィスでは、お客様とのお打ち合わせをFace to Fcaeにて行い、案件内容を適確に把握した上でライティングを行うことに努めております。

従来まで、企業が記事作成をする場合は、自社でライター・編集者を専任するか、編集プロダクション等へと相談をするのが一般的でした。この段階までは、それぞれの案件に関わるエディター・ライターの記事への理解度はしっかりと担保されていたと考えられます。

その後、クラウドソーシングの普及によって、安価かつ短納期での記事入手が可能となります。その結果、なぜ記事が必要なのか? 誰に向けたコンテンツなのか? といった点を意識しないまま書かれた記事が量産されました。以前まではこうした品質の記事でも一定のSEO効果が期待できたでしょう。しかし、現在その施策は意味を失いつつあります。

記事に必要なのは“アイデンティティ”であると考えます。どうしてそのサイトにその記事がアップされるのかまでを考えた記事作成代行のためには、Face to Fcaeでの打ち合わせが欠かせません。

Face to Faceだからできる確かなWebライティング

「キーワードを単純に含んでいればいい」

こうしたオーダーであれば、フリーライターであっても対応は可能です。しかし、現状のコンテンツSEOにおいて、この施策の多くは失敗に終わってしまいます。成功のためのポイントは“読者に読まれるか否か”。これを実現するためには、記事制作の方向性のすり合わせが重要です。

まずはお客様が考える“目的”についてご教授ください。なぜ記事が必要なのか? 読者ターゲットは誰なのか? 読んだ人に、どのような感想を持ってもらいたいのか? などを、詳しくお伺いできればと存じます。

コンテンツを増やす理由はさまざまです。SEOはもちろんのこと、同時にブランディングも行いたいといったケースも少なくありません。また、記事掲載によって、商品・サービスの必要性を訴求したり、新規顧客獲得と同時に採用強化につなげたりといった効果もあります。

キーワードが含まれただけの記事は、企業価値を低下させる可能性も含んでいます。「どうしてこの記事を載せるべきなのか」についてまでしっかりとお伺いすることが効果、そして将来的なサイトのバリュー向上に結びつくと信じております。

担当者によるヒアリングの重要性

お客様がどのような記事をお望みなのか把握するために、弊社では担当者によるヒアリングを行う場合がございます。これは、案件の細かなニュアンスについて理解を深めるとともに、弊社でどこまでお手伝いができるかをはっきりさせるためです。

お客様にヒアリングシートをお渡しし、記入いただいただけでは細かな点までを網羅できない可能性があります。そのため、実際に記事を執筆するライターへ案件の本質を説明し、理解を深めた上でライティングを行うためには、担当者制が必須です。

さらに、お客様のお困りごとを解決するために、弊社がどこまでお手伝いできるかは直接お話を聞かないと分かりません。より良い施策のためのご提案や、また、コスト面や納期などの条件をクリアするためのご相談もお受けできますので、まずは一度、顔を合わせたお打ち合わせをお願いします。

メール・お電話でのご依頼にも対応します

すでにお客様側で記事作成の目的や方向性がはっきりしており、なおかつマーケティングに関するノウハウ・知識がある場合には、メール・お電話のみでのご依頼も可能です。事前にレギュレーション等をご提示いただければ、その難易度に合わせてお見積もりを差し上げますので、ぜひお気軽にご依頼ください。その場合は、以下の項目についてお伝えいただけますと幸いです。

  • テーマ
  • ターゲット
  • 掲載サイト(開示が難しい場合は、類似サイトをご提示ください)
  • 記事数
  • 文字数
  • 納期
  • 企画制作の有無(お客様側で記事タイトルを制作など)
  • サンプル記事(ご用意いただけますと、難易度を測りやすくなります)