記事作成代行における納品形式

記事作成代行の株式会社ケーズオフィスでは、以下の納品形式に対応しております。

  • Word納品 ※おすすめ
  • Excel(CSV)納品
  • テキスト納品
  • CMS(WordPress)納品

また、図表・画像のご用意について承れるケースがございます。以下で、詳細についてお伝えします。

納品形式について

弊社で納品する記事、それぞれの形式の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。以下はおおまかな比較です。参考までにご覧ください。

Word納品

もっとも多い納品形式です。Microsoft Wordにて記事を作成し、納品いたします。ファイル形式については「.docx」、ファイル名は記事タイトルを基本としております。

カテゴリー等のある場合には、それぞれの記事をフォルダにまとめることも可能です。ご要望に合わせて対応いたしますので、事前にお申し付けください。

特徴

  • お客様側での校正・校閲が容易
  • アウトラインの設定が可能。WordPressへの入稿に有利
  • 図表・画像の挿入が可能
  • コメント・編集履歴機能によるスムーズな修正依頼が可能
  • 文字化けのリスクが少ない
  • ファイルサイズが大きくなりやすい

Excel(CSV)納品

Excelファイル、もしくはCSVファイルにて納品いたします。「記事No」「記事タイトル」「本文」の項目をそれぞれの行に設定。ディスクリプション(別料金)を追加することも可能です。

なお、デフォルトで文字数カウントのセルを設けております。その他、キーワードカウントセルの追加等も可能です。

特徴

  • 複数の記事をまとめて管理するのに便利
  • 関数記入によって文字数・キーワード数のカウントが容易
  • お客様が形式を自由に指定可能
  • アウトラインの設定は不可。見出し記号(◆など)による対応
  • 図表・画像の挿入不可(画像についてはURL指定)
  • お客様側での校正・校閲がやりにくい

テキスト納品

テキストファイル(.txt)での納品です。文字コードは基本的にShift_JISで対応しております。また、ファイル名は記事タイトルを基本としております。フォルダによるカテゴリー分けにも対応可能です。

特徴

  • ファイルサイズが軽く、どのデバイスからでも閲覧・編集がしやすい
  • MacOSをご利用の場合、互換性等に気を遣わない
  • さまざまなツールで利用でき、汎用性が高い
  • お客様側での校正・校閲は比較的容易
  • アウトラインの設定は不可。見出し記号(◆など)による対応
  • 図表・画像の挿入不可(画像についてはURL指定)

CMS(WordPress)納品

WordPressへ直接記事を入稿する形式です(別途料金)。お客様は投稿された記事を確認していただき、公開(もしくはご連絡)を以て校了となります(なお、納品日は記事投稿日とします)。

なお、お客様側でご用意いただいたCMSへの入稿にも対応可能な場合がございます。事前にご相談ください。

特徴

  • お客様によるCMS入稿の手間・時間が軽減
  • お客様側の校正・校閲が容易
  • アウトラインの設定が可能
  • 納品管理がやや煩雑になりがち ※設定で回避可能です
  • 追加料金を頂戴するため、コストがかかる
  • 詳細な設定(画像・動画・図表の挿入・設定)はご相談

画像オプションについて

画像についてはすべてフリー素材でのご用意のみの対応とさせていただきます。オリジナル画像のご用意については、インタビュー記事等であれば対応可能です。ただし、弊社ライターの撮影となりますので、クオリティについては“ほどほど”であること、あらかじめご了承ください。

なお、画像選定と画像納品ではそれぞれ料金が異なります。以下、それぞれの違いです。

画像選定

画像ダウンロード先のページURLを提示し納品。記事内にURLを記載いたしますので、お客様側でダウンロードをお願いします。

画像納品

画像データを弊社側でダウンロードし、お客様へ納品いたします。画像選定よりもコストが高くなりますので、あらかじめご了承ください。

タグ付けについて

弊社がご提供するのは、あくまで記事作成代行サービスであり、コーディングについては大変恐れ入りますが基本的に非対応です。そのため、テンプレートへの流し込み等については、事前にご相談いただき、追加料金を頂戴しております。

なお、headerタグ(h1,h2,h3)のみなど、単純なものであれば対応可能です。listタグやtable、リンク等についてはお引き受けが難しいので、あらかじめご了承ください。