記事作成代行のご案内

記事作成代行サービスにスムーズに依頼するための5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自社の製品やサービスの周知を図る目的で行われているコンテンツマーケティング。コンテンツマーケティングを実践するうえで重要なのが、良質な記事(コンテンツ)を継続して発信することです。

ただし、記事作成には多くの工程があります。社内ですべて対応できると理想的ですが、通常業務に加えて執筆作業を行うのは現実的ではありません。

そんなコンテンツ制作を実現する手段として、外部の記事作成代行サービス会社に依頼する方法があります。今回は、記事作成代行サービスにスムーズに依頼するための5つのポイントを解説します。

コンテンツ制作を記事作成代行サービスに依頼するメリット

充実したコンテンツを定期的に発信するには、多くの人員や時間が必要です。担当部署を設け、自社ですべて用意できると理想的ですが、本来の業務に加えて執筆作業をするのは簡単ではありません。

そこで、多くの企業ではコンテンツ制作を記事作成代行サービスに依頼しています。アウトソーシングのメリットは、主に以下の3つです。

  • 短期間で質の高い記事を執筆できる
  • SEO対策によって上位表示が期待できる
  • 社内リソースを他の業務にあてられる

記事作成代行サービス会社には、数多くのプロライターが在籍しています。社内で連携しながら記事執筆を進めるため、安定して質の高い記事を執筆可能です。

そして、多くの記事作成代行サービスはSEO対策に関するノウハウが豊富です。検索エンジンでの上位表示が可能になるため、サイトの訪問者数が増え、最終的には製品購入やサービス導入につながる可能性が高まります。

記事作成は「キーワード選定」「企画作成」「記事執筆」「校正」の流れで進められるのが一般的です。一連の作業を記事作成代行サービスに依頼することで、社内リソースを他の業務にあてられます。

ライター管理にかかる手間が不要なため、最小限の負担でコストで高い成果が期待できるのもメリットです。

クラウドソーシングに依頼するのとはどう違う?

記事作成を外注する際、代行サービス以外にもクラウドソーシングでライターを探す方法もあります。

クラウドソーシングは、記事作成代行サービスより安価にコンテンツ制作を依頼できるのが魅力です。ライターの登録人数は数百~数千人以上で、比較的手軽に外注先を探すことができます。

両者の最大の違いは、記事品質の安定度です。記事作成代行サービスでは、幅広いジャンルの執筆経験をもつプロライターが連携して執筆にあたります。依頼者の製品やサービス内容に応じて、最適な人材をアサインでき、より良質な記事が納品可能です。

一方、クラウドソーシングに登録しているライターは、副業としてライティングを行っている方が多い傾向にあります。自社の製品やサービスに適した専門知識を備えている人材は少なく、知識をもっていても執筆能力があるかどうかは不透明です。ライター選定の段階で、知識に関する熟練度と執筆能力について、どう見極めるかが重要になります。

また、記事作成代行サービスを利用する場合は、企業間で秘密保持契約を締結するのが一般的です。記事作成を行う際は、未発表の資料や重要情報を提供することもあります。セキュリティリテラシーの高い記事作成代行サービスに依頼することで、安心してコンテンツ制作を任せられます。

記事作成をスムーズに依頼するための5つの準備

記事作成代行サービスは執筆のプロですが、依頼者にしかできない業務もあります。こちらでは、記事作成をスムーズに依頼するための5つの準備について解説します。

年間計画と予算立てを行う

単発の記事やホームページ制作を依頼する場合は別ですが、オウンドメディアのような長期的な施策を実施する場合は、年間計画を立てることが重要です。

具体的には、以下の3点を明確にしておくと、スムーズに記事作成代行サービスへ依頼できます。

  • 記事の更新頻度(納品頻度)
  • いつまでにどの程度のコンテンツを抱えるサイトにするか
  • PV数などの目標

年間計画が明確になると必要な金額も見えてくるため、記事作成代行サービスに単価いくらで何記事を依頼するのか、予算立てが可能になります。

コンテンツ制作のどこまでを依頼するか決めておく

コンテンツ制作の依頼は、主に以下の3段階に分かれます。

ステップ 依頼内容 特徴・メリット
1.記事の執筆のみ

記事のテーマやキーワード、共起語、文字数などの条件をすべて指定したうえで、記事の執筆のみを任せる依頼方法。

イメージとかけ離れた記事が執筆されるリスクを抑えられる。
2.キーワード選定から 記事のテーマと文字数のみを指定し、キーワードや共起語の選定を任せる依頼方法。

記事作成代行サービスに任せることで、SEO対策を意識したキーワード選定が可能になる。

3.テーマ設定から 記事のテーマ設定から任せる依頼方法。

オウンドメディア担当者の負担が小さくなり、自動的に有用なコンテンツを投稿する体制を築ける。

記事作成代行サービスに依頼する場合、コンテンツ制作のどこからどこまでを依頼するのかによって、運営側の負担や必要な予算は変化します。社内のリソースと予算に合わせて、どのステップで依頼するか考えましょう。

初めての依頼は記事の執筆のみにとどめ、記事の品質が確認できてから次のステップに移行するのも効果的です。

指示書やマニュアルを作っておく

ライティングに関する指示書やマニュアルは、依頼前にできるだけ体系化して準備しておくと安心です。コンテンツの完成イメージをライターと共有できるようになります。

記事作成を初めて依頼する場合、コンテンツに対する思いが想像していた内容とは異なるベクトルで伝わる可能性があります。懸念を放置したままにしていると、イメージとかけ離れた原稿が上がって、大幅な修正を余儀なくされるかもしれません。

こういったトラブルを防ぐためにも、依頼時に渡せる指示書やマニュアルを用意しておきましょう。資料には、以下のような内容を記載しておくと効果的です。

  • コンテンツ制作の目的
  • オウンドメディアのコンセプト
  • メインターゲット(ペルソナ)
  • 記事のテイスト
  • 表記に関する指示

提供できる資料を準備しておく

検索エンジンから高い評価を獲得し上位表示させるには、細かなSEO対策だけでなく、「ユーザーにとって利益となる記事かどうか」がもっとも重視されます。

記事作成にこの点を反映させるためには、依頼者から提供していただく資料が必要不可欠です。インターネットで検索した内容だけでは、記事の独自性や唯一性を生み出すのが難しくなってしまいます。

記事作成代行サービスに依頼する場合は、事前に提供できる資料を準備しておくと効果的です。企業間で秘密保持契約を結ぶこともできるため、セキュリティに配慮した取引ができます。

社内で記事のチェックやフィードバック体制を整えておく

記事作成を外注する際は、業者へ任せきりにするのではなく、社内で記事のチェックやフィードバックの体制を整えることも大切です。

最初にレギュレーションやマニュアルを作成するのが理想ですが、初回は要望を伝え切るのが難しく、後から「この表現は控えて欲しい」と具体的に指摘していくケースも珍しくありません。

社内のチェック体制を整えていれば、内容を確認してすぐに要望を伝えることで、記事の品質アップが期待できます。間違った情報をユーザーに伝える可能性がなくなり、ブランドイメージの低下を防ぐことにつながります。

記事作成代行ならケーズオフィスにお任せください

オウンドメディアの評価を高め、多くのユーザに訪れてもらうには、情報量が豊富な良質な記事が欠かせません。

株式会社ケーズオフィスでは、幅広いジャンルの記事を執筆している専属ライターが、社内で連携して記事作成を行います。コンテンツマーケティングの一環として記事作成代行をお考えであれば、ぜひ弊社にお任せください。

まずはお見積もりやサンプル記事をご確認いただき、その後に本契約という流れも可能です。お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成代行サービスについてのご案内

株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスについては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。 ライティングのお見積もりやご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスの詳細やお問い合わせはこちら