ライティングテクニック

Webライティングは目が疲れる?デスクワークのセルフケアのコツ♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ケーズオフィス、広報担当の滝川サキです♡

はあ~、今日も仕事でディスプレイをずっと見ていたら、目が疲れちゃったなあ~(๑-﹏-๑)

みなさんも、デスクワークで疲れを感じていないでしょうか?

デスクワークで感じる目の疲れ

広報のお仕事には、PCが欠かせません!

私自身、日々の業務では多くの時間をディスプレイの前で過ごしています。

きっとWebライターのみなさんも同じですよね♡

 

ところが・・・作業に集中していると、いつの間にかコワ~イ顔で画面を凝視しちゃってるんですΣ( °o°)

ふと気づけば、だんだんと姿勢も前のめりに・・・。

もしかしてこれが目の疲れの原因なのでしょうか?( ; ›ω‹ )

 

Webライティングのように、長時間にわたりディスプレイを見続ける作業は、目の使いすぎにつながるそうです。

そして、目の疲れをはじめとした全身の症状は「VDT症候群(Visual Display Terminal)」と呼ばれているのだとか。

 

常にPCを使う仕事だからこそ、日頃から意識して自分の体をケアしていきたいですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

※参考:公益社団法人 日本眼科医会「パソコンと目 3.目を使いすぎると眼精疲労に」

Webライティングで目の疲れを減らす工夫

Webライティングで気をつけたい目の疲れ。

少しでも疲れを減らすために、どんな工夫ができるでしょうか?

ここでは、いつも私が取り組んでいる3つのコツをご紹介します(୨୧ ❛ᴗ❛)✧

【その1】思い立ったらお茶休憩♪

いきなり休憩の話かよ!

・・・なんて思われた方もいらっしゃるかもしれませんね( ◜ᴗ◝)

VDT症候群を防ぐには、1時間の連続作業につき10~15分の休憩を取るのが目安といわれています。

ところが、少し熱中するとつい休憩を挟まずに作業し続けてしまうことも・・・。

そこで! 私は、こまめにお茶休憩を取るようにしています。

「1日の就業時間のうち、少なくともマグカップ3杯以上のお茶を飲む」がマイルール٩꒰ ˘ ³˘꒱۶~♡

適度にディスプレイから離れて目を休めつつ、こまめな水分補給もできるのでおすすめです♪

【その2】ディスプレイを調整♡

いつも使うPCのディスプレイは、明るさを少し落として、「夜間モード」に設定しています。

強い光を抑えて、画面全体が暖かみのある色になると、ディスプレイを見たときのまぶしい感じが少なくなります( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

初めは黄色っぽい画面に見慣れない感じがするかも・・・?

夜間モードの強さは少しずつ調整して、慣れてきたら徐々に上げるようにすると、ほとんど気になりませんよ♡

【その3】座ったままストレッチ!

ずっと同じ姿勢で作業していると、体が緊張してコリを感じることも。

そんなときは、う~んと伸びをして、座ったままストレッチをしましょう!

実は、こうしてストレッチをするとVDT症候群の予防につながるそうですよ。

 

私は趣味でヨガをしているせいか、じっとしていると体を動かしたくなってきます!

ヨガスタジオで習った方法で、肩周りを気持ちよ~く伸ばしますᐠ(  ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ

ほかにも、あえて立ち上がってみたり、足首をくるくると回してみたり・・・。

緊張をほぐしてリラックスした状態を保つ工夫をしています!

サステナブルなWebライティングのために

ここまで、広報担当がデスクワークのコツをお伝えしましたଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ♡‧₊˚

同じくデスクワークであるWebライティングにもきっと役立つはず!

長時間の執筆でお疲れの際は、ぜひお試しくださいね♪

 

なお、株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスでは、美容やヘルスケアなど各ジャンルのお役立ちコラム執筆もお引き受けしています♡

ご発注については、以下のページからお問い合わせください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成代行サービスについてのご案内

株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスについては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。 ライティングのお見積もりやご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスの詳細やお問い合わせはこちら