ライティングテクニック

Webマーケティングの鍵は「ペルソナ」が握っている?その重要性とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社へのご依頼のなかには、Webマーケティングの施策としてSEO記事の作成に関するものがあります。そのようなご依頼の際に私たちがまず考える必要があるのは「ペルソナ」です。今回は、Webマーケティングにおけるペルソナの重要性について考えます。

ペルソナとは?

ペルソナとは、「仮面」を意味するラテン語で、心理学では「他人に見せる表面上の顔」といった意味で使用されます。Webマーケティングの場面では、「典型的なユーザー像」として使用される言葉です。一般的に、新たな商品・サービスを展開する際は、まずペルソナを設定します。

従来のマーケティングでは、ユーザーをイメージする際、「ターゲット」という言葉が使用されていました。ターゲットを絞り込むことで、ニーズやユーザーの特性を把握し、より効率的なマーケティング戦略に活かしていたのです。

ターゲットとの違い

ペルソナとターゲットは、どちらも製品やサービスのユーザー像を表す言葉ではあるものの、その「具体性」に違いがあります。たとえば、ターゲットを設定するときに考慮するのは、下記のような項目でしょう。

  • 性別(男性)
  • 年齢(30代後半〜40代前半)
  • 職業(会社員・営業職)

しかし、市場が成熟しニーズが多様化すると、上記のような大まかなターゲット設定だけではユーザーの潜在的な需要を把握するのが難しくなりました。そこで登場したのがペルソナです。より詳細なユーザー像を想定することで、明確な顧客像にもとづいたマーケティングが行えるようになりました。

一例ではありますが、この記事のペルソナを下記でご紹介します。

人物イメージ

氏名:滝川知一

年齢:28歳

性別:男性

職業:会社員(マーケティング会社勤務orマーケティング部所属)

居住地:東京都内

家族構成:妻(29歳)、長女(1歳)、ネコの3人と1匹家族

この記事にたどり着いた理由:マーケティング事業として会社のブログ制作の責任者を任されたが、アクセス数が伸び悩んでいたところ、Webマーケティングを行う際はペルソナ設定が重要と知りGoogleで記事を検索していた。

使用するSNS:Instagram、Twitter

ペルソナでは、ターゲットと比較してより詳細なユーザー像を設定していることがお分かりいただけるでしょう。ケーズオフィスでは、記事執筆の際にペルソナを確認し、どのユーザーに記事を届けるのかイメージするよう留意しています。

ペルソナ設定のコツ

ペルソナを設定する際は、ユーザー像に具体性やストーリー性をもたせることが大切です。ただし、主観的な感想や思い込みでペルソナ設計を行うと、実際のユーザー像から離れてしまう可能性があります。このような事態を避けるためにも、アンケートやインタビュー、社内のデータを活用するなどして事前に情報収集を行いましょう。

アンケートは専門の会社に依頼することもできますが、SNSを運用している場合は、オンライン上にフォームを作成しSNSで拡散する方法がおすすめです。

また、弊社に記事作成をご依頼いただける場合は、差し支えない範囲でデータをご共有いただけますと幸いです。その際は秘密保持契約を締結させていただきますのでご安心ください。ご依頼について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

社内ライターによる記事作成代行

ペルソナを設定する理由

Webマーケティングにおいてペルソナを設定するのは、「顧客のイメージを明確にし、ニーズを把握しやすくするため」だけではありません。ペルソナは、主に以下の2つの目的で設定されます。

  • チーム内で共通したユーザー像を形成して効率良く業務を進めるため
  • ピンポイントアプローチを可能にして、時間やコストを削減するため

「20代後半から30代前半、女性、主婦」といった曖昧なターゲット像を設定すると、同じプロジェクトのメンバー間でも異なるユーザー像をイメージしてしまう可能性があります。具体性やストーリー性をもったペルソナを設定することで、チーム内での認識のズレをなくし、効率良く業務を進められるようになるでしょう。

また、ペルソナを設定してユーザー像を明確にすることで、必要なアプローチをピンポイントに行うことができ、時間やコストの削減も期待できます。

記事作成を行う際、ペルソナ設定を行わずに記事を執筆し、実際の反響を確認してから次の施策を打ち出そうとすると、Googleの仕様上3カ月から半年程度の期間がかかります。結果次第では、記事制作にかける工数やコストが無駄になってしまう可能性も考えられるでしょう。

事前のペルソナ設定を入念に行うことで、必要な情報のみを記事にすることができ、最小限の工数・コストで成果をあげやすくなります。

ペルソナは定期的に見直そう

Webマーケティングにおけるペルソナの重要性については、さまざまな場所で説かれています。実際、新たなプロジェクトを立ち上げる際には必ずペルソナ設定をするという会社も多いでしょう。

しかし、プロジェクトが始まってから行わなければならないのが、ペルソナの見直しです。ペルソナ設定は、人物像を作成した時点ではまだ完了とはいえません。ユーザーのライフスタイルやニーズは常に変化し続けているため、想定と異なる事実を発見するたびにペルソナを見直す必要があります。

私が担当したとある不動産会社様は、当初「賃貸物件を探している方」向けにブログを運営していました。しかし、資産運用という言葉が登場し不動産投資に注目が集まると、「投資用物件」を探す際の情報収集としてブログを訪れる方が増えていったのです。

この場合は、明確にユーザー像が変化しているため、早急なペルソナの見直しが必要です。このほかにも、ペルソナの見直しが求められるシーンはさまざまあります。設定後はそのままにするのではなく、データにもとづいて定期的に見直すことが大切です。

Webマーケティングの鍵はペルソナが握っている

ケーズオフィスでは、記事作成を始めとしたWebマーケティングの鍵は、ペルソナが握っていると考えています。その理由は、ペルソナを明確にすることでユーザー心理を理解しやすくなり、求められているものを提供できるためです。

ケーズオフィスに所属しているライターは、さまざまなジャンルの商品・サービスについて、日々ペルソナを設定しながら記事を執筆しています。既存顧客はもちろん、見込みユーザーを想定しての企画作成も可能です。コンテンツ制作は、弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事作成代行サービスについてのご案内

株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスについては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。 ライティングのお見積もりやご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービスの詳細やお問い合わせはこちら